祇園祭宵山に行ってきました③ 京のじどり屋「晃(あき)」でランチ

今日私の街地方では

お昼頃から急に暗くなり 大雨が降りました。

1時間も降ったでしょうか そのあとはまたカンカン照りに・・・・(>_<)

昨日 祇園祭りの山鉾巡行が終わり なんとなく間の抜けたようなご紹介になってしまいました。

昨日のご紹介の中で


「粽(ちまき)」のご紹介をさせていただきました。

HIR_5529.jpg


そこで「粽(ちまき)」の説明を少し ネットから抜粋してご紹介します。

「ちまき」と言いますと、食べる「ちまき」を思われる方がほとんどですが、祇園祭の「ちまき」は食べ物ではなく、

笹の葉で作られた厄病・災難除けのお守りです。


毎年祇園祭のときにだけ各山鉾のお会所や八坂神社で販売されます。


京都では一年間玄関先に飾られているところを多く見かけます。


我が家は京都ではありませんが 飾っています。


粽(ちまき)の由来は

八坂神社さんの主祭神である牛頭天王(スサノオノミコトとされている)に由来します。


昔、蘇民将来という男の家に、旅人に身をやつした牛頭天王が訪ねてきて、一夜の宿を求めました。


蘇民は貧乏でしたが、それでも手厚くもてなします。


牛頭天王はその心遣いに大変喜んで、そのお礼に

「今後お前の子孫は末代まで私が護ってやろう。目印に腰に茅の輪をつけていなさい」言い残して去っていきました。


そのお陰で後に疫病が流行った際も、蘇民の一族は 生き残り繁栄した…ということです。


このときの護符になった茅の輪は「茅」を束ねて「巻」いたものです。


そこで「茅巻(ちまき)」と呼ばれるようになり、それを同じ発音の「粽(ちまき)」と音を担いで、

現在のような束状の粽(ちまき)が厄除けのお守りとして作られるようになりました。


また、粽(ちまき)には「蘇民将来子孫也」という護符がつけられています。

これは「私は蘇民将来の子孫です。なので病気や災いから護って下さい」という意味が込められています。


続いて

昨日からの続きを・・・・・


菊水鉾です。先端に菊の花をかたどった飾りがついています。

HIR_5522.jpg

このころ、暑さもピークで 汗だくの私 化粧も流れ落ちえらいことに(>_<)


人がいっぱいなので 有名なの?と 入ってみました。いきなり菊の御紋があるので?

こちらは「占出山」と関係する神社のようです。

関係者の方の法被の背中には「占」の文字があります。

説明を聞いていると 神功皇后がアユの連れ具合いで戦勝を占ったそうです。

「うらないでやま」は安産の山だそうです。

こちらは神功皇后がお祀りされているようです。・・・・菊の御紋なのですね。


境内のガラス張りの中には 飾り幕が展示されていました。


こちらは 安産に関してはいろいろな言い伝えがありそうです。


安産の神様、勝運の神様と言われているそうです。

HIR_5524.jpg

なるほど、男性のお参りが多いのは 勝運かな?


ここを出ると もうお腹はお昼まじか・・・・・


どこか町屋風のお店でランチを・・・・なかなか見つからなくて


とりあえず錦市場へ

お腹もすいているので ・・・・時期に合わせて鱧寿司もちょこっと食べました

わ~すごい人、人、人・・・・動きません


外の通りに出て・・・・


炭焼き 焼き鳥の看板が目に入りました(#^.^#)



焼き鳥 ぐるなびさんから写真をお借りしました

京町屋 京のじどり屋 「晃(あき)」さんです。

おつまみのようなお品になりましたが・・


炭焼きの焼き鳥が食べたかった私


京赤地鶏のお刺身 しょうが醤油でいただきました。


途中で気が付いて写真を撮りました 

先に手前のを食べてしまっています。


臭みもなく おいしい~!です。 

HIR_5525.jpg

ねぎま ・・・鶏本来のお味 臭くもなく たれの味が必濃くなくおいしかったです。

家で焼く私の焼き鳥のお味でした(*^。^*)

HIR_5527.jpg

手羽先の唐揚げ これがちょっと私好みでなかったのが残念 

唐揚げした後で たれをかけてあったのです。でも鶏の肉の味は良かったです。

ゴマ豆腐もいただきました。他撮り忘れしました。

HIR_5528.jpg

昔、昔はこんな感じのお酒の並んだお店に行ったけど・・・・


女性が簡単に入れそうな雰囲気のお店はなかった。


イケメンの若い男性が3人 こじんまりした素敵な雰囲気のお店でした。


夜メニューは焼き鳥の種類も多そうですが、お昼は焼き鳥メニューはほとんどありませんでした。

お昼は鶏南蛮定食、どんぶりとかがありました。


仏さま(両親)へのお土産は 祇園祭ならではの  祇園ちご餅です。

疫を除き福を招くとあります。

HIR_5530.jpg

爪楊枝ぐらいの竹串に刺したおもちが3本入りです。(1本先に食べてしまいました(;^ω^))

白味噌を甘く炊いたものが羽二重もちのような求肥に包まれています。1つ388円です。

HIR_5531.jpg


長々と 京都お散歩お付き合いいただき ありがとうございました。

いつも出かける時は 水分補給の為


アルミ水筒にポカリスエットの粉末を水で溶き たっぷりの氷を入れて持ち歩いています。


だいたい飲み切らなくて飲み残すのですが この日は空っぽ・・・・暑かったです。

皆さんも熱中症には十分ご注意ください。


こちらは


京都祇園の町家で茶道具、骨董品の販売、買取をされている『古美術やかた』 さん



詳しくは是非こちらをご覧ください  → 「古美術やかた






最後まで読んでいただきありがとうございました。
↓↓ポチッと応援していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド初心者へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

祇園祭宵山に行ってきました②

今日7月17日は 祇園祭山鉾巡行が行われました。

23基の山と鉾が巡行します。


特に交差点では方向を変えるための「辻回し」は見ごたえがあります。


現在はどうかわかりませんが 以前見たのでは たくさんの竹を敷いて水をかけ滑らせるようにして


角度を変えていたように思います。



宵山に出かけてきた 昨日のお話の続きをご紹介します。


長刀鉾が見えてきました


HIR_5490.jpg

周辺は人であふれ長蛇の列が出来ています。

沢山の提灯が飾られています。

よりはこの提灯に火がともり きれいで鉾が一層華やかになります。



HIR_5493.jpg

飾り幕がとても素晴らしです。

今年は伊藤若冲の飾り幕が新調されたそうです。

この日は新調した飾り幕が会所で見られるということで 大変な長蛇の列ができていました。

また男性は鉾の上に上ることができるので また一層人の列ができていました。

なかなか 前に進めない状態です。

ここでも 外国語が飛び交っていました。 

HIR_5496.jpg

屋根飾りも素敵です。


HIR_5497.jpg

長刀鉾は 先頭にを巡行します。

神の使いとされる生稚児が乗り 出発の際 四条の通りに貼られたしめ縄を切り巡行が始まります。


ずっと以前に行ったときは 稚児さんが 刀で切る練習をされていたのを見ました。

HIR_5501.jpg



HIR_5502.jpg

ちまきや お守り 手ぬぐいなど 販売されています。

販売所はごった返していますが ここは少しましですね。並んで買い物をします。

私の記憶では ちまきを買うと 2階の会所に入れたような気がします。


ちまきは 食べるちまきではありません。

すべてわらでできていて 厄除け 災難除けの物です。

蘇民将来子孫也の札がついています。

HIR_5503.jpg

我が家でも 知人から 少し前にいただきました。


玄関の外側ドアの上 外からよく見えるところに飾っています。

HIR_5529.jpg

次に函谷鉾が見えてきました。

HIR_5504.jpg

函谷鉾は長刀鉾の次に巡行します。

ここでも鉾へ上る人が長蛇の列を作っています。


HIR_5506.jpg


HIR_5508.jpg



HIR_5510.jpg

次は月鉾

HIR_5511.jpg

先に三日月があります。

HIR_5507.jpg

真っ青な空に延びる 鉾の先

HIR_5513.jpg

ここでも 鉾に上る人でいっぱいです。

私も以前は鉾の上に乗りました。

結構高さがあるのにびっくりしました。

そしてどの鉾も天上の飾りが素晴らしかったのを覚えています。




HIR_5514.jpg


これは 鉾の車輪です。

木の車輪 傷だらけです。重たい鉾を乗せて巡行している鉾の車輪です。


HIR_5516.jpg


鉾や山のある町内のお店です。


とても雰囲気があって素敵。

HIR_5519.jpg



すみません この続きは後日へ よろしければ もうしばらくお付き合いください。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
↓↓ポチッと応援していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド初心者へ
にほんブログ村

祇園祭宵山に行ってきました

今日も朝から 蒸し暑い一日となりました。


京都では7月17日は祇園祭山鉾巡行があります。


今日は祇園祭宵山です。


思い立って デジイチを提げて行ってきました。


京都祇園四条に着いたのは朝10時 まだ人は多くなさそうです。


鴨川沿いには 床が・・・・夕方にはもう人で満席になることでしょうね


HIR_5475.jpg


浴衣姿の 素敵な二人連れ 暑いのにえらい!!


私はノースリーブに ゆったりバギーパンツにハンドメイドのリュック

HIR_5478.jpg

こちらは 入り口にはおしゃれな靴やさんがあります。


一軒の店が 両サイドに分かれています。なぜって?・・・・


気が付きましたここは小路の商店街だったのですね


HIR_5481.jpg


少し広くなった歩道のバス停は暑さ対策にミストが吹き出し涼し気

HIR_5483.jpg

有名な焼き栗屋さんのウインドウです。

HIR_5484.jpg

ノムラテーラー 生地屋さん 生地をいっぱい抱えた方もおられました。

HIR_5486.jpg


お人形屋さんのショーケースには 祇園祭がジオラマのようにきれいに飾られています。


HIR_5487.jpg

長刀鉾が見えてきました

周りはすごく混雑している様子です。

HIR_5490.jpg

続きは また後日へ・・・・


留守番のゴンには エコ運転のエアコンの利いたおうちでお願いしました。

写真は夜 私の足元で爆睡中のゴンです


HIR_5538.jpg



最後まで読んでいただきありがとうございました。
↓↓ポチッと応援していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド初心者へ
にほんブログ村

京都 大骨董市に行ってきました

今日も蒸し暑い一日でしたね。


私の街地方では 未明にすごい雷と大雨になりました。


あまりの大きな音に気が付いて目ざめ


稲光もかなり激しい、


いつもおとなしいはずのゴンまでがうなり声をあげ、そのうち怪しい奴と・・・ワンコラが始まりました。


そんなこんなで 睡眠不足。


雨は朝まで残り 大雨の中


京都アンティークフェアー 京都 大骨董市に行ってきました。


入会している JASS日本セカンドライフクラブからの社会見学です。


近鉄 竹田駅で下車 シャトルバスが会場まで運んでくれます。


会場近くは雨の加減で ひっそりと素敵な雰囲気です。


DSCN4561.jpg


かなり大きな建物の中が会場です。


今日 6月30日 7月1日 2日の3日間開催されています。


DSCN4563.jpg

メイン会場は こちらです。

DSCN4548.jpg

2階から見ると こんな感じです。

すご~い びっくりです。

DSCN4542.jpg

300軒余りの 骨董品屋さんが参加されているそうです。

DSCN4545.jpg

購入の際は値切ってもよいとのことでした。

まあ色々な懐かしい品物がいっぱいありました。


DSCN4543.jpg

子供のころ見たことあるもの、田舎の家で見たことあるもの

半分間違ったら ごみ? ガラクタ? 好きな人にとっては宝物ですね。

DSCN4547.jpg

断捨離、スッキリとした空間での生活を望むものとしては 買い物するわけにはいかん。・・・・のです。


ヤフオクで たまに古いものを売りますが


同じような商品が びっくりするお値段で出ているのには 驚きです。



こ

この会場のほかにまだ2会場があります。

DSCN4564.jpg


次は10月だそうです。


DSCN4549.jpg

若い女性が アンティークな食器を買っているのが目につきます。

何かと「かわいい~」という声が よく聞こえました。

他にやはり 外国からの観光客の方 中国の方も多かったです。


当然会場のアナウンスは 日本語と中国語です。


会場をぶらぶら歩くのは 楽しいものでした。


帰りのバスの中では お買い物をいっぱい持った方ばかりでした。


面白いところに行ってきました。



最後まで読んでいただきありがとうございました。
↓↓ポチッと応援していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド初心者へ
にほんブログ村






技を極める・・ヴァンクリーフ&アーベル


本日 朝長野県地方で大きな地震がありました。

その後も何度か大きな揺れがありました。

雨により ゆるんだ地盤

どうか 大きな被害が出ませんように お祈りします。


時々小雨が降る梅雨空の中


京都国立美術館に行ってきました。


宝石で世界的に有名な


「ヴァンクリーフ&アーベル ハイジュエリーと日本の工芸」展がおこなわれています。


美術館

ヴァンクリーフ&アーベルの熟練した職人の方々が制作していく工程が


映像で紹介されているのを見て 感動しました。


きれいなだけの宝石だけではなく どれだけたくさんの人たちの


技術、技によって作り上げられていることのすばらしさを知りました。


宝石


ほうせき1

宝石 宝飾品のすばらしさもすごいですが


日本の技も素晴らしく目を見張りました。



象牙で作られた タケノコ 柿  サザエ 他 本物と見間違うほどのすばらしさです。


また鉄を使って作られた カマキリ イセエビ他  細工のすばらしさに感動しました。


会期は8月6日(日)迄 入場料1500円です。


とても 素晴らしいものを見せていただきました。


4階ロビーからの景色です。


平安神宮の 大鳥居の向こう側に見えるのは 京都市美術館です 工事中の様でした。


とりい


この後 ランチは錦市場で 次回ご紹介します。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
↓↓ポチッと応援していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド初心者へ
にほんブログ村

プロフィール

いとこいさん

Author:いとこいさん
女性
趣味の写真/ハンドメイドの作品/ペットとの生活
おいしいお店発見等
退職後のセカンドライフをご紹介

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR