亡くなった母の顔のあざ

お昼はまだ暑いですが それでも真夏とは違う空、空気、風、確実に秋に向かっているみたい

食品売り場の果物の入れ替わりも今は色々な種類のナシが、幸水、豊水、20世紀

もう少しするとリンゴも・・・・と言いながら最近はリンゴは年中見かけます

冷蔵庫で保管していて売り場に出されます

買って帰って冷蔵庫に入れないで室内に放置していると

落としたわけでもないのに りんごにあたった傷が 打ち付けたような傷 打撲痕が出てきます

店員さんにある時 そのことを質問すると 冷蔵庫に入っている間はきれいでも自然に放置していて時間が経ってくると

出荷前の傷、ぶつけた傷とかが出てきて、中までいたんでいくことがある ことを教えてももらいました

だから特に夏のリンゴは食べるまで冷蔵庫で保管しないといけないらしいです


DSCN4745.jpgDSCN4744.jpg

なるほど!なるほど!

我が家では愛犬君が毎日食べるリンゴを半分に切ると、傷んでいることが多いのがわかりました

黒くなったお顔の傷みも・・・・・


生きているときについた傷(打撲痕)は 死んで時間が経過すると出てくるんや・・・・・


そしてとてもつらいことを 思い出してしまいました

今から4年半ほど前

一緒に暮らし元気だった母が 風邪ひきから軽い肺炎になり入院 その病院で薬の過剰投与で危篤になり

何とか一命をとりとめ 翌日ほかの病院へ転院

転院した病院で薬をすべて停止 奇跡的に回復 歩行器で歩くまでになりました

しかし 仕事を持つ私と自宅で生活するには多少困難となり

泣く泣く施設で生活してもらうこととなりました

施設では歩行器をつかわず 車いすでの生活

年末の冷え込んだ夜トイレに連れて行ってもらいましたが 

夜は人手も少なくしばらく放置されていたようで・・・・・担当者が戻った時は

床に倒れていたそうです

すぐに病院に運ばれましたが 救急車が来たときは すでに遅し状態だったそうです

以前からトイレの窓が開けっぱなしで寒いのが気になってはいたのですが

その日夜中も開いたままだったのでしょうか・・・・・・・


病院で母を見た時の顔は色白のきれいなお顔

その後、葬儀場に運び通夜に向け湯かん 化粧を・・・・

何もなかった色白だった母の顔に 紫色の大きなあざ 打撲痕が 左のおでこと ほほ骨にくっきりと

トイレで倒れた時に こんなあざができるほど顔をうったん? かわいそうに・・・・(>_<)

トイレしている間、しばらく見ててくれていたらこんなことにならんかったのに・・・・・


年末におきたこと家に帰りたかったんやな~寂しい思いさせてごめんな母の気持ちを思うと悔やんでも悔やみきれず


いまだに思いを引きずっている私です


施設に文句を言ったところで、母が生き返るわけでもなく、余計つらくなるばかりで

セカンドライフの今ならこんなことにならなかったのに

一緒に毎日楽しく生活できたのに

傷んだリンゴを見るたびに 母に申し訳ない気持ちでいっぱいになります


最後まで読んでいただきありがとうございました。
  お帰りにポチッと応援のクリックをしていただけるとうれしいです。      
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド初心者へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いとこいさん

Author:いとこいさん
女性
趣味の写真/ハンドメイドの作品/ペットとの生活
おいしいお店発見等
退職後のセカンドライフをご紹介

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR